ブレイズのBRMSサービスアプローチ

ブレイズのBRMSサービスアプローチ
(図をクリックして拡大)

ブレイズは、10年以上におよぶBRMSの適用と実践に関する知見やノウハウにより、プロジェクト計画から本番稼働後におけるルールの改善に至るまで、BRMSアプローチによるプロフェッショナル・サービスをご提供しております。ブレイズのBRMSアプローチの詳細をお知りになりたい方は、こちらのフォームよりお気軽にお問合せください。

プロジェクト計画

デシジョンロジックの分離と構造化


プロジェクト計画

プロジェクト計画において、ブレイズのBRMSアプローチはビジネスとITの双方の側面からクライアントをサポートします。前者においては、ビジネス課題に対するBRMS適用の目的と範囲、事業戦略や戦術を統制するビジネスルールの役割、事業目標の達成を支援する適切な重要業績指標(KPI)の設定を支援します。後者においては、BRMSを含むITアーキテクチャー全体の設計、ルールベースによる開発計画の策定、ルールオーナーを含む役割分担の定義を支援します。

デシジョンロジックの分離と構造化

プロジェクトの対象とする業務領域からデシジョンポイント(ビジネスルールが内在するアクティビティやタスク)を特定し、必要に応じて業務の有効性を改善するためにルールベースによるプロセスのチューニングの方法論を提供します。さらに、そのデシジョンポイント内のルールの構造を表すダイアグラムを構築するとともに、ルールソース、変更頻度、変更による業務インパクトを明確にし、共有や再利用のためのガイドラインを提供します。


ルールの抽出と編集、分析とテスト

リポジトリ構築とライフサイクル管理


ルールの抽出と編集、分析とテスト

ルールの編集に必要なビジネス語彙モデルを構築するとともに、ルールの拠り所である規定集などの文書からルールを抽出し、整理していきます。この作業の中では、冗長的なルールや陳腐化されたルールを見直しも実施します。さらに、デシジョンロジックの論理分析(モレやダブリのチェック)、テストデータ投入に基づくルールの単体テスト、実行結果のシミュレーションを行うことによって精緻なルールを構築することを支援します。

リポジトリ構築とライフサイクル管理

構築されたルール群を、クライアント環境内のルールリポジトリ(ルールの物理的な格納場所)に適切に配置していくためのフレームワークを提供します。また、ビジネスルール変更に対するアクセス制限やバージョン管理、ルールリポジトリ内の編集/テスト/本番環境のステージングにおける必要要件を定義します。さらに、ビジネス部門におけるルール変更要件の発生から本番環境への適用に関するワークフロー構築のガイドラインを提供します。


ルールの実装とモニタリング

ルールの改善と他業務領域への展開


ルールの実装とモニタリング

構築されたビジネスルールは、専用サーバー内のビジネスルールエンジンとして実装されます。ブレイズは、フロント業務アプリケーションやバックエンドにあるデータベースとルールエンジンとの接続や各種設定に関するサポートを行います。さらに、想定されるトランザクション数に基づいたサーバーのサイジングや仮想環境構築、本番稼動後のシステムパフォーマンスのチューニングやビジネスKPIとの比較評価や改善に対するアドバイスを行います。

ルールの改善と他業務領域への展開

ビジネス環境の変化に伴い、顧客満足を高め、持続的な競争優位を確立するためにルールもまた継続的にブラッシュアップしていく必要があります。また、ブレイズのクライアントの多くは、他業務アプリケーションへの展開を積極的に進めています。ブレイズは、本番稼動後も各種トレーニングやサービスを提供することにより、環境変化に対して適応力のある俊敏性の高い組織になるためのアドバイスを行います。