データ・バリデーション

適格性の判定


データバリデーション

「ガーベージイン、ガーベージアウト」。どのような業務システムであっても、間違ったデータを入力すれば間違った結果しか生じません。保険の申し込みから会計処理に至るまで入力データのバリデーションチェックは、システムの必要不可欠な機能です。BRMSを活用することによって、単項目のチェックだけでなく複数の項目間にわたるチェックを容易に行うことができます。

適格性の判定

ローンやクレジットカードの審査や保険の引受査定から、国や地方公共団体における各種サービスに至るまで、適格性を判定するための複雑なルールが存在します。これらの業務を手作業で行うことは、効率を損なうだけでなくミスの温床となります。BRMSを活用して自動化することによって、業務コストを削減すると同時に品質の高いサービスを迅速に提供することを可能にします。


パーソナライゼーション

プライシング


パーソナライゼーション

リテール金融や保険、通信サービスのような企業は、多岐にわたるプロダクトとサービスの組合せをセグメント化された顧客層に対して提案していく必要があります。これらの組合せが膨大になることは珍しいことではありません。BRMSとアナリティクスを組合せて活用することにより、これらの試行錯誤的なマーケティング施策をビジネスユーザー主導によって行っていくことを可能にします。

プライシング

プロダクトの組合せや顧客セグメントへの差別価格、キャンペーンに対する特別価格、大口注文に対する値引き/割引ルールなど、業界によっては細かなプライシングルールが存在します。さらに、販売者やサプライヤーに対する手数料やリベートも同様です。ビジネスの最終利益に大きな影響を与えるこれらのルールに対するBRMS活用は、今後もっとも重要になってくるでしょう。


プロセス・ナビゲーション

スコアリング/レーティング


プロセスナビゲーション

特定の業務オペレーション領域においては、特定の状況に応じてルーティング、アロケーション、照会などが頻繁に発生するプロセスとなります。この典型的な領域としては、企業保険向けアンダーライティングや損害調査プロセス、大規模プラント事業などが挙げられます。BRMSを活用することによって、メッセージとともにプロセスを適切にナビゲーションしていくことを可能にします。

スコアリングとレーティング

スコアリングモデルは、ローンの延滞、クレジットカードや通信サービスの解約、ダイレクトメールに対する顧客レスポンスなどの多岐にわたる領域における意思決定のための指標として活用されています。これらのデータ分析によって導出されたルールとオペレーション上のルールを組み合わせることにより、高度に自動化されたビジネスロジックを生成することが可能となります。


不正取引の検知

規制/コンプライアンス


不正取引の検知

クレジットカードの不正使用、マネーロンダリング、なりすまし詐欺、保険の不正請求などの不正行為がこの10年で急増してまいりました。これらは、企業収益を圧迫するだけでなく、膨大な調査労力を発生させます。データから導かれる不正の傾向と業務エキスパートのノウハウを組み合わせてBRMSに落とし込むことによって、不正の早期検知に対する知識資産として活用することができます。

規制とコンプライアンス

厳しい規制やコンプライアンスを遵守しなければならない業界は多く存在します。これらのルール違反によるペナルティは金銭的なものだけでなく、長期にわたる企業の評判に大きく影響を与えることになります。フロントおよびバックエンドプロセスに対して、規制やコンプライアンスに遵守しているかどうかのルールを適用することは非常に重要になってくるでしょう。


プロダクト・コンフィグレーション

サービス・プロビジョニング


プロダクトコンフィグレーション

マスカスタマイゼーション技術の発展により、カスタムメイドの製品やサービスを低コストで提供できるようになりました。コンポーネントをベースとした製品のアセンブリ、主契約と特約の組合せによる保険設計などは典型的な例です。さらに、メディアや広告におけるコンテンツの配置、物流における梱包の最適化に至るまでBRMSは幅広く活用することができます。

サービスプロビジョニング

通信や電力・ガスといった巨大な機械設備やネットワーク資産を保有している企業は、利用者の要求に迅速に対応できるようリソース準備や配置および供給を効率的に行っていかなければなりません。BRMSを有効活用することにより、リソースの監視を行うとともに、利用者ごとの個別ニーズに応じたこれらのサービス・プロビジョニングの最適化を実現することができます。