金融サービス

保険


金融サービス

BRMSが最も活用されている領域がクレジットカードやローンといったリテール金融ビジネスです。リテール金融の主要なバリューチェーンである、マーケティング、初期与信、途上与信、回収の全ての業務プロセスには多くのルールが組み込まれています。さらに最先端の金融サービス企業は、ビジネスアナリティクスとBRMSを組み合わせによりビジネスアナリストやマーケティング担当者が自らモデルとルールの構築と保守を行っています。また、近年世界的な規制が強化されているアンチマネーロンダリングソリューションの多くにルールベースによるコンポーネントが組み込まれています。

保険

金融サービスとともにBRMSを最も活用しているのが保険業界です。保険業界の主要なバリューチェーンである、販売/マーケティング、新契約引受、保全/異動、請求/支払の全ての業務プロセスのみならず、契約管理システムにおいてもBRMSが活用されています。BRMSを活用することにより、業務別、チャネル別にハードコーディングされているビジネスルールを一元管理し、現場の担当者のマニュアルによる判断タスクを自動化します。さらに最先端の保険企業は、BRMSを駆使した新しい保険商品の開発、従来IT化は困難と考えられていた医的査定の自動化に取り組んでいます。


金融サービスのデシジョン管理.pdf
PDFファイル 438.6 KB
保険会社のデシジョン管理.pdf
PDFファイル 437.6 KB

製造

小売り/流通


製造

多くの製造企業は、消費者ニーズの多様化、新興国とのコスト競争激化、製品ライフサイクルの短命化に対応するために生産プロセスの徹底した改善に努めてきました。さらなるコスト削減とスループットを改善するためには、エキスパートによる判断ロジックをシステム化することが有効であると認識されつつあります。BRMSを活用することにより、さらなる生産プロセスを改善するとともに、顧客ニーズによりテーラーメイド化された多様なオプションの組合せによる製品の提供をも可能にします。

小売り

多様化/複雑化するサプライチェーンネットワークで、ルールベースのソリューションはあらゆる領域で活用することができます。例えば、セグメント化された顧客層に対するクロスセル/アップセル、ディスカウント、クーポンやポイントカード等を含むロイヤルティプログラム、発注ベンダーや在庫と補充の要件、仕入先に関する複雑な請求処理と特殊な取引条件の設定、POSやRFIDと連動したきめ細かな店舗運営等、サプライチェーンの上流から下流に至るまで、BRMS活用の機会は存在します。


電力/ガス

通信/ケーブルテレビ


電力・ガス

スマートグリッド(次世代送電網)を活用したビジネスモデルの構築と実用化は電力/ガス業界にとって避けることはできません。きめ細かな課金体系とサービスを実現するスマートメーターにとって、ルールベースによるプライシングモデルは強力な武器となります。また、ネットワークから収集される膨大な量の情報を活用した、アラート統制、配給のルーティング、サービス・プロビジョニングといった業務オペレーションに対してもBRMSは有効な手段を提供します。

通信・ローカルTV

移動体通信やケーブルテレビの普及により、プロダクトやサービスの組合せやプライシングメカニズムは複雑化しています。BRMSは、顧客の属性や嗜好あるいは取引履歴に応じた多種多様なオファーの提供、サービス・プロビジョニング、ビリング業務などの業務オペレーションに幅広く活用されています。さらに最先端の通信企業は、ビジネスアナリティクスとBRMSを組み合わせて、新規顧客獲得のためのキャンペーン、既存顧客に対するロイヤルティおよび離反防止プログラムにも役立てています。


ヘルスケア/医療

政府/自治体


ヘルスケア・医療

欧米のヘルスケアや医療業界において、健康促進プログラムや医薬品の処方などの領域においてBRMSは幅広く活用されています。それは、個々の顧客や患者のプロファイル、過去の病歴や処方歴などに基づくものです。特に近年においては、保険会社、医療機関、ヘルスケア機器メーカーの共同による新たな医療事業展開が注目されつつあります。BRMSは、インターネットやデバイスを通じた遠隔処方や健康プランの推奨などの領域に活用されていくことになるでしょう。

政府・自治体

米国において、政府や州自治体においてもBRMSは活用されています。もっとも多く使われている領域は、各種の給付手続きを含む福祉厚生サービス、運輸や交通サービス、労災や失業保険の請求支払いプロセスです。これらは、窓口だけでなくWebやコールセンター経由でもサービスが提供されています。さらに、定期的に変更される税制や歳入に関する手続き、法の執行や公共の安全を守るための司法手続き、国防関連に関する意思決定分野にも利用されています。