BRMS技術活用のデシジョン管理システムSparkling Logic SMARTSのケーススタディの紹介 

BRMS技術を活用したデシジョン管理システムのSparkling Logic SMARTSのケーススタディ


■Case Studies Vol.01タイトル:

「預金引出手数料の決定ロジックのデシジョン設定とデシジョン変更による手数料収入のインパクト分析」


■シナリオ&デモ:

  • ATMからの銀行預金引出手数料の決定業務をテーマとして既存の手数料決定表をインプットとして「デシジョンモデリング」を行います。
  • モデリング結果を活用して、Sparkling Logic SMARTS(以下「SMARTS」と表記)への「デシジョン設定」を行います。
  • 戦略的な手数料変更を目的として、データを活用したシミュレーションを経て「デシジョン変更」を行います。


 ■SMARTS機能の紹介:

  • デシジョン設定の準備としての「フォーム(=用語の項目)」定義と、「ドキュメント(=フォームに格納されるデータ)」のインポートをOne-Sourceで実現する機能。
  • データをデシジョンの候補として扱い、コーディングレスの容易な操作でデシジョン設定を可能とする「RedPen」機能。
  • 設定したデシジョンを業務に即した多面的なチェックで、効率的な検証、運用を可能とする4つのデシジョン・ビュー機能。
  • デシジョンのテストや変更のインパクト分析に活用できるレポート、シミュレーション機能


■時間:60分ほど~(QA込み)


 ■デモで理解していただきたいポイント;

  • 身近なテーマを用いることで、「デシジョンとは何か」
  • 「SMARTSを使ってのデシジョン設定プロセス」
  • 「従来型BRMSから進化しているSMARTSのポイント
  • 異なったコンセプトを持つ製品であること」等 


『Sparkling Logic SMARTS Case Studies』とは?

様々な業界における実務上の判断、意思決定にかかわる業務を対象として、特に「データの活用」に着目してSparkling Logic SMARTS適用の有用性を検証していきます。その成果をデモという形でご紹介するプログラムとなっております。今回、第一弾としてATM預金引出手数料の決定、戦略的変更業務へのSMARTS適用のケーススタディとそのデモをご紹介します。

ヘルスケア業界におけるSparkling Logic SMARTSの活用事例

ヘルスケア企業
米国ヘルスケア企業であるOnlife社のウェルネスプログラム(健康促進)におけるSparkling Logic SMARTSの活用事例です。
Onlifeケーススタディ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 789.1 KB