BRMS活用に適している業務領域はありますか?

一定のトランザクションがあった方がROI(投資効果)が高まるのは、IT化すべき業務領域に共通するものです。また、ルールが変化しやすい業務領域であればさらにROIが高まります。さらに、ルール変更の本番稼動時期を短縮することによってビジネスパフォーマンスの改善が見込まれる領域、ルールを自動実行することによってプロセス時間の短縮化やオペレーションコストの削減が見込まれる領域などが挙げられます。