「BRMSでサービス領域拡大」(保険毎日新聞 平成27年2月3日号掲載)

ブレイズは、① 健康アセスメント・サービス ② インセンティブ・レコメンデーションサービス ③ 褒賞ポイント・サービスから構成されている「Wellness Program」の健康増進デシジョン・サービスを1,500万人の会員向けにサービス提供している米国On Life Health社の事業内容を紹介。本サービスの核となるITソリューションには、BRMSの世界に‘‘データを取り込んだ‘‘次世代のデシジョン管理システムのSparkling Logic SMARTSを採用している。容易で直感的に複雑なルールによる最適な意思決定の改善と洗練化が行える分析、シミュレーション機能とそれを実現する操作インターフェースが業務志向のデシジョン・サービスを可能にしている。

ブレイズは、3月初めには「Wellness Programの基礎編デモ」をリリース予定、さらにアドバンス編へと展開して行く計画である。